貫禄だけはベテラン社員の掃き溜め

社会人3年目になった27歳の現実逃避する場所

悠久の時をかける原初のブロガーに会った時のお話

 

f:id:musyamogu08:20190207183421j:image

 

たまたまインスタグラムで見つけたんだけどさ、凄くどうでもいいストーリー流れてきて思わずスクショさせてもらった。これって何のアピールなん????なんでそんなに輝かせてるの?????

でもおかげさまで今年の方角わかったから助かりましたありがとうございました。

 

 

気を取り直してこんばんは。

最近会社に行くのがギリギリになりつつあるもぐおです。朝起きる辛さもゼロじゃないんだけど、準備に凄く時間をかけている気がする。心の奥底に仕事に行きたくねえっていう気持ちが湧き出てるのかもしれない。仕事行きたくないって気持ちを源泉と例えると、少しでも薄める事が出来ればいいのに。銭湯ではぬるま湯は良くないが、ネガティブな気持ちはぬるく薄まってる方がいいよね。あれかな、エロい事考え続けてれば仕事って捗るのかな。(錯乱)

 

そもそも根本にある仕事行きたくないなっていう気持ちを消せばいいんだよね。

 

 

乱れる前に話しを戻そう。

 

先週の土曜日にとあるブロガーと会ってきた。

 

 

原初のブロガー、鷹さんだ。

ある日いきなりTwitterでフォローされてブログを覗いてみたら面白かったので密かにファンだったのだ。

 

勝手ながら個人的に好きな記事を貼っておく。

 

 

合コンってこんな地獄だったっけ?

 

 

この記事を面白かったと伝えたら、「もぐおさんのたまわずらい話も中々のギフテッドだと思いますよw」って言われた。

 

 

酒癖って多種多様で面白いなって思った。

 

リンクだらけになってすんません。

個人的には合コンネタとナンパネタが好きです。他にも面白い記事があるのでお手隙の時に是非。

 

 

何故会う事になったのか。

 

 

Twitterを見てたらこのようなツイートが流れてきた。

 

 

もぐおはドタキャンしないしいけるじゃんって思っててリプライ送ったらDMで日程調整のやり取りする事になり、お茶をすることになった。

 

普通に考えたらいきなり知らない男が誘ったら怪しみますよね。世の中には友人からいきなり勧誘される男もいるんですから。

 

f:id:musyamogu08:20190207235801j:image

 

 

 

そうなんです、僕の事です。

貼り付けた画像は大学時代の友人からマジで僕宛に届いたラインである。一見爽やかな文面から狂気を感じる。

 

このネタはまた今度。

 

話を戻すと待ち合わせ場所で待ってた時に、僕の服装を予め連絡してあったので、鷹さんから声をかけて頂いた。

 

鷹「もぐおさんですか?!」

もぐお「はい!!!」

 

めっちゃキッチリとした格好しとるやん。

しかも爽やか細マッチョイケメンじゃん、嫉妬するレベルじゃん。

 

f:id:musyamogu08:20190209184523j:image

戸愚呂アイコンだからゴツイのかと思ったわ!!!!!

 

 

鷹さんはサイズ感の合ったスリーピーススーツを着て、時計もいいものをつけてた。タイピンもつけてた。随分とフォーマルに近い格好をしてたので、なんできっちりスーツ着てるの?と問いかけたらこう答えたのだ。

 

鷹「スーツ着てるとナンパする時と合コンの時ウケがいいんですよね」

 

さ、さすが合コンの覇者だ…。いかなる逆境に立たされてもしっかりテイクアウトできるだけの実力者は身嗜みの準備にも余念がない。

 

彼が仕事中だったということもあり、待ち合わせした後は喫茶店に移動して軽くコーヒーを飲んだ。

普通にお互いの経歴とかブログで書いた記事の事話してた。あと合コンやナンパを得意分野とする鷹さんに僕が過去に酷い目にあった合コンの愚痴を聞いてもらった。どう考えても鬱陶しいおじさんである。

 

いよいよ時間が来てしまったのでまた会おうという挨拶をして解散した。猥談バーとBARブタ箱の話をしたら興味を持っているいたので来月辺りに誘おうと考えている。何やら鷹さんは精神と時の部屋に籠らないといけないレベルで勉強しなきゃいけないらしいので、お金を下さい。

 

それでは、今回はこの辺で。

また次回。

 

 

 

 

 

暇だなと呟いたら新宿二丁目で遊ぶ事になった話②

 

f:id:musyamogu08:20190203224415j:image

 

 

前回までのあらすじはこれだあ!!

 

 

暇だとツイートしたら知人が働いているゲイバーに誘われた僕。果たして楽しむ事は出来るのか?無事に帰還できるのか?!そしてハイパーゲイモードの謎とは?!

 

 

電車と徒歩で新宿二丁目に降り立った僕。とにかくたくさん飲むことになる気がするのでコンビニでヘパリーゼを購入して備えた。

その時に身体がゴツめの化粧をした男性のような人物が何人かいた。あゝ、ここが新宿二丁目なんだなと思った。

 

待ち合わせ場所は新宿二丁目内にある交差点だった。交差点には好青年が現れた。名前をk君としよう。

約1ヶ月ぶりぐらいの再会だった。しっかりとノーマルモードで安心した。お店が地下にあるタイプの店だったので、階段を一段降りる毎に緊張感が増したのを思い出す。階段を降りて扉を開けるとそこは異世界だったのだ…!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言いたかったんですけど、パッと見た感じ普通のバーでした。カウンターが何席かあり、ソファー席が何セットかあるので中は広いなという印象だった。この後スタッフと客が増えていく姿を想像するとワクワクが止まらなかった。

 

席に着いた後はほとんどk君と会話してた。

ちなみに代金はシステムはチャージとお酒代(焼酎かウィスキーのボトルがコスパ良いっぽい)、つまみ代、後はスタッフさんにあげるお酒代で普通に10,000円は超えた。

結局朝まで飲んでたのでそれを考えたらそこまで高くないと思う。

多分複数人で行けば一人当たりで換算したらそこまでの大出費にはならないはず。

 

 

Twitterに写真載せちゃってるからここでも貼っておく。

この可愛く撮って欲しいと言われ、何度も撮り直したんだけど今思うとほぼ顔が隠れてるから可愛いも何もないじゃんって思った。面白い人だ。

 

k君とは猥談もしたけどお互いの趣味の話とか、好きな女の子の話等の世間話もした。

スタッフの紹介もしてくれた。k君の他には2人とお話しした。簡単に箇条書きで紹介しよう。

 

 

・5両編成電車の連結プレイをした事がある神木隆之介風の男の子

・僕の毛深さにテンションが上がって胸毛を触ってきたチーママ(乳首を触られてたらヤバかった)

 

そして二丁目でもおっさんだと思われた。多分万国共通で老け顔に見えるのだと思う。胸を張って生きようと思った。

 

元々終電で帰るつもりだったもぐおは21時頃に入店した。お客さんが増えていったのは深夜1時過ぎだった。客層は男女比は半々ぐらい、年齢層は20代から50代と幅広かった。

 

今回の行った目的はk君と話してみたかったことと、ゲイバーがどんな所か試してみたかったというのが主だったので恐る恐る楽しんでいたのが悔やまれる。

そして1人で行くよりも複数人で行った方が圧倒的に楽しそうだと思ったので誰か遊びに行こう!!!!

 

 

f:id:musyamogu08:20190206193114j:image

 

ボトルキープはもちろん「たまわずらい」

たまわずらいボトルは僕の知人だったら飲んで良いので興味ある人は是非。そしてその時はもぐおを誘ってくれ!!!!!

 

前回の導入記事に比べてインパクトが薄い気がしますが、第2回はこの辺で。

次回以降があるのかって?それはこれからネタになる事をしていけばいいじゃないか。

 

ではまた次回。

 

 

 

 

 

 

暇だなと呟いたら新宿二丁目で遊ぶ事になった話①

 

f:id:musyamogu08:20190130190732j:image

 

 

 

1月上旬の三連休、仕事で地方に住んでる割には異常なペースで実家に帰ってくる弟とゴルフ練習場から帰宅後、ふと暇になってツイッターに投稿した。

 

すると最近知り合ったフォロワーからDMが来た。そのフォロワーは以前「猥談オークション」という佐伯ポインティさん主催のイベントで出会った男性だった。

このイベントは猥談エピソードに纏わる思い出の品をオークションするというイベントだ。

 

※ポインティさんが過去の猥談オークション告知記事

 

その知人はオークション出品者として出演しており、面白い方だったのでお酒を一杯ご馳走したのだ。バナナを使ってご自愛(自慰行為)をする賢い人だったので、バナナのカクテルをあげたのを覚えてる。

いろんな猥談を持ってて面白い人だなと思ってたのだが、現在週5でゲイをやってる人だった。念のため前置きをしておくが、彼はノンケである。

 

 

f:id:musyamogu08:20190130183723j:image

 

僕がお酒を一杯ご馳走した時の御礼を言ってくれた。決して下の御世話をしてもらった訳ではない。僕も彼もノンケなので。

礼儀正しい青年だが、ノンケなのに週5でゲイバーにて働いているという事実が礼儀正しさをかき消していくのだ。なんというか、パワーワードだよね。

 

僕はゲイバーにも行ったことが無かったし、こういう機会じゃないと行かないなと思ったので迷わずに行きます!!と返事をした。

 

場所や営業時間の確認をした後に彼なりの最終確認をされたのだ。

 


f:id:musyamogu08:20190130183718j:image

 

ハ イ パ ー ゲ イ モ ー ド ?!

 

ゲイにスーパーとかハイパーがあるのかよ。アルティメットゲイモードとかもあるのかな。多分そこまで覚醒したら本当に同性愛者になってるだろう。ノンケだからハイパーになるまでテンション上げて振り切らないとダメなのか、そういうことなのか。勝手に自分で納得したが、ビビってしまったもぐおはノーマルモードでお願いする事にした。

 

f:id:musyamogu08:20190130190332j:image

 

初めてのゲイバーだし1人で行くからお手柔らかにお願いする事にした。

このやり取りをした後、もぐおは新宿二丁目に向かったのだった。

 

 

続く。

 

 

 

 

1月が終わるっていう話

 

 

 

 

平成最後の〇〇っていう言葉があまり好きではなかったのですが、いざ終わりが見えてくると不思議とエモさを感じている自分がいる。これが素直になった自分なのかもしれない。そう思っているもぐおです。

 

ブログとして書きたいネタを温め過ぎた結果、何を書いて良いかわからなくなった。結局のところ何となく思っていた「1月が終わるなぁ」っていう独り言から書き始めている。

 

年明けてちょっと経つので2018年とか平成30年って年を間違えて書くことを減ってきた。なんとなくだが頭と身体が2019年や平成31年に適応してきたなと感じてる。しかしだ、もうすぐ平成が終わる事が決まっている。しかも新しい年号は4月1日に発表されるそうではないか。年号が発表されてから実際に変わるまでの1ヶ月間の間に書き慣れておかないとヤバい気がしてきた。

 

毎回毎回平成31年って書こうとして××元年と書き直す情けない姿が目に浮かぶ。というか「元年」って表現が新鮮すぎる。僕なら××1年って書いちゃいそうだわ。そして慣れた頃に2020年を迎えて元年って書くことが無くなってそう。

 

そもそも書類を書くときに和暦を使わなきゃいけないケースが多い事が面倒だなって思う。

日本独自の暦がある事を否定するつもりはないのだが、別に西暦でよくね?!って思ってしまうゆとり世代の男性が僕である。実際に昨年もよく平成何年だっけ?ってやりとりをめっちゃしてた。いつになったら覚えるんだよって自分で突っ込むくらいやってた。ある意味僕は和暦に愛着のない非国民なのかもしれない。

 

そんな和暦に順応できてない僕でも1月が終わるなって時には平成の終わりも近づいてるなと感じたし、平成の終わりビジネスも過度でなければ許されるって思った。

平成の終わり、僕は何をしようかな。結局何も思いつかないだろうから楽しく生きてればそれでいいや。

 

以上、深夜の駄文でした。

 

 

 

 

 

一筋貫く夢の弾道のお話

 

 

僕が大好きな読売巨人軍/長野久義外野手が広島東洋カープに移籍する事になった。

 

長野選手は実力もさることながら誰からも慕われる明るい性格でチームメイトやファンからも好かれてた選手だ。

 

内海投手が埼玉西武ライオンズへ移籍した事もかなり驚きましたがそれが霞むぐらいの衝撃を受けたが、長野選手の移籍話は正直言って巨人ファン名乗るの辞めようかなって思うぐらいの衝撃だった。

(言うほど熱狂的ではないからファンクラブ等に入るレベルの巨人ファンには失礼かもしれない)

 

僕がどのぐらい長野選手の事が好きだったのかというと、大学時代は長野モデルのバットを使ってた。

そこそこ大切に使ったので折れずに1シーズンぐらいもったのだ。そしてホームランも打てたのは良い思い出である。

あとはタイミングの取り方とバットの出し方はマジで参考にしてました。

 

 

 

 

このスイングめちゃくちゃ美しくない???

色気感じない?????

この動画見ながら白飯2杯は食える。

 

 

あと僕は1番好きなところは誰からも愛される人柄である。

 

【長野久義】巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

 

 

・選手の送別会を仕切るのはいつも長野。主役との関係を考えて参加者をピックアップし
シークレットゲストまで用意したりする
・寮生活時代、遠征から帰ってくるときには寮長やコック、清掃員にまでお土産を買ってきていた
・自分がヒーローになった試合では、打てなかったチームメイトの心情を慮って
『長野に笑顔はなかった』と書いてほしいとマスコミにお願いしていた
・その日の試合相手でもない他球団の選手が関東遠征した際に「今、銀座にいるから飲みに来なよ』と飯に誘う
・仲間との食事では下座に座り、鍋を囲んだ際は鍋奉行を買って出て、自身の食事はそっちのけで鍋を作る
・流しの歌手が飲み屋に来たときは、料金1曲1000円にもかかわらず「寒いのにご苦労様です」とチップ3万渡す
・仲間との飲み会では必ず中座するが、その際に100万を超える料金でもこっそり支払っていく
さらにタクシー代として参加者全員分の1万円入りの封筒を店の人に預けていく

 

鍋奉行なのは潔癖症っていうのもあるんだけど、ここまで気を遣える人っていないよね。

年に一度のオールスターゲームでも選手間投票で選ばれる事も多かった長野選手らしいエピソードだ。

 

正直ドラフト指名を二回も拒否して入団した巨人を出て他球団に行ってしまうのは寂しい。

しかし人的補償選手として選ばれたということは戦力と認められてるという事だ。

 

そして広島のユニフォームとの合成画像を見たのだが

 

f:id:musyamogu08:20190112004739p:image

 

違和感ゼロなんだけど

奇跡かよ。

コラ画像職人すげえよ。

 

この違和感のなさはカープで活躍間違いない!!!

長野選手が広島対巨人戦で対戦するのが今から楽しみで。

 

半分寝ながら書いてるのでここまでにします(

良い週末を!

 

 

年明けたけど昨年末の忘れられない猥談をしちゃう

 

 

謹賀新年\(^o^)/

 

明けましておめでとうございます。

挨拶遅れましたが、本年もよろしくお願い致します。

2019年どんな年になるのでしょうか。

スポーツ界だとラグビーワールドカップが開催される年ですよね。

他にイベント的なものありましたっけ?知ってる方教えて下さい(小声)

 

僕は新年を迎えたのにも関わらず昨年末に出会った花魁(おいらん)様との出来事が忘れられないのである。

どのぐらいやばかったかというと、僕自身がガチ恋客にグレードアップしてしまいそうな勢いだ。

 

ガチ恋客:花魁様に恋しちゃうお客さん。そのお店に行くならその女性しか指名しないレベルの思い入れが強い客。ピュアだよね。

 

しかしこれは由々しき事態なのである。

その場限りで割り切る楽しさが良いお遊びなのにそうなるのは良くないと考えている私だったが、その嬢の世界観に入りそうだったのです。

 

 

本来なら「2019年はこんな年にしたい!!」とかいう意識高めの抱負記事を書くところなんだけど、猥談を披露したいと思う。

(誰とは言わないけど早く聞きたいって言う人がいらっしゃったので)

 



あとBuzzFeed Japanさんの公式Twitterアカウントがツイートしてた「2019年に必要なもの」の画像でこんな結果が出ちゃうんだから書くしかないじゃん。

仕方ないよね。

 

風俗に行って心から楽しむことに成功した後には文学として残せ

 

と僕が本能で見つけた3つの言葉が訴えかけてきてるので仕方ないのだ。

欲求まみれでどうしようもないやつだよね僕。

 

 

 

前置きが長くなったので本題に入ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

仕事納めが終わった翌日、用事があったので都内某所まで繰り出していた。用事も済ませてスッキリしたのでせっかくだから身体もスッキリして年越しようと思い、予約を入れた。

 

実はその女性とは前に遊んだ事があり、個人的には珍しく本指名を入れたのだ。

僕的には元ハロプロのアイドルで昨年ソロデビューした鈴木愛理さんに似てた。

 

 

f:id:musyamogu08:20190106005702j:image

 

 

このお店ではクリスマス時期に女の子達がサンタコスをやっていたそうだ。

しかし彼女はクリスマス期間に諸事情で出勤できずにサンタコスをあまり披露できなかったとの事。

そんな中彼女は自らこう言ったのだ。

 

姐さん「今引き出しにしまってあるサンタコス着ていい??」

 

もぐお「どうぞ着替えちゃって下さい!!!」

 

世間はクリスマスが終わった瞬間に正月モードに変わったというのに、この店ではまだクリスマスは終わっていなかった。

そして本来脱衣が始まるはずなのに生着替えが始まるという展開、シュールじゃないか。

でもノリノリな人っていいよね、多分こういう人とカラオケ行ったら楽しいと思う。

 

その後サンタコスでピーチクパーチクチュッパチャプスした後に身体を清めて頂き、お遊びスタート。

突先を舐めてもらいながら御子息を攻めてもらったり、尺八されたりで有り難みを感じていたら攻守交代のお時間に。

短い間にいろんな出来事があったもぐおはスイッチが入ってたので本気になってました。

 

とにかくゆっくりと優しくしようと思い、丁寧なデモプレイを心がけました。

花園のガーデニングも入念にした結果、焦らすつもりはなかったのだが彼女はそう感じたとの事だ。

そうしていくと彼女もヒートアップしてきたらしく、花園をご自愛し始めたのだ…!!

御子息もまだ律儀に御起立している。正直者である。

 

その時既にもぐおの脳内では理解が追いつかなくなってきたのだ。

季節ハズレのサンタコスが頭から忘れてしまう勢いでエロい。

どうなってやがる。年末にとんでもない幸運が駆け込んできたぞ。

でもそう思うのはまだ早かったのだ…!

 

姐さん「私のココに、婿入りして欲しいの…!!」

 

もぐお「えっ、マジで?(ありがとうございまするうううううう)」

 

高まってしまった結果、姐さんに婿入りすることになったのだ。

婿入りは久々だから優しくして欲しいと言われたのだが、無言で頷いた。

だって優しくしないともぐおの御子息が持たない。限界はとっくに超えていたのだ。

 

 

御子息の婿入りチャレンジは性k…成功し、高まったお遊びでした。

 

更に詳しいお話は是非とも直接お問い合わせ下さい。チーム猥談の方々は是非とも猥談バーでお話ししましょう。

 

あとこの時60分で遊んだんですが、めっちゃギリギリまで楽しんじゃったんですね。

そうしたらえげつない早さで事後のお清めをしなきゃいけないんですけど、その時姐さんに「40秒で支度しな!!」って言われました。

ドーラおばさんかよ。

 

f:id:musyamogu08:20190106013342j:image

 

 

多分この姐さんとはまた遊ぶと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あと今回はバーチャル花魁YouTuberの由宇霧さんが配信中に使用してる隠語を使用させて頂きました。

隠語に品があるっていう矛盾が最高ですよね。

品があることで隠すどころか新たな意味を持った言葉になっちゃうのがまた良い。

 

彼女はバーチャルな花魁さんです。

リアルの世界では性的サービス店で働いてる方で、性について普段相談できない事を回答する配信をされているVTuberさんです。

答えがわからないものに関しては産婦人科泌尿器科などの専門家に事前に確認して回答するというサービス精神が素敵ですよね。

トークも面白い方なので興味のある方は是非。

てかこっそり猥談バーに来てくれないかな。話してみたい。

 

 

隠語の非公式wikiはこちら。

品位ある隠語の答えがここにあります。

BAN対策用語集 - 由宇霧ちゃんねる Wiki*

 

 

長々と書いてしまいました。

最後まで読んでくれた方いるかわからないですけど、ありがとうございます。

 

ではまた次回!!

 

正月休みの進む速さに戦慄してるもぐおでしたー。

 

 

 

2018年はどんな年だったのだろうか

 

こんばんは。

先延ばし癖があるためこのタイミングで書き始めます。

もぐおです。

毎年毎年ブログやらTwitterでその年を振り返る投稿が現れますよね。

 

めんどくせえなと一瞬でも思いながら書いてます。

 

今年も書いた記事がいくつかあるのでそれを元に振り返ろうと思ってます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

①やっぱり銭湯が好きだった

 

 

1月から銭湯のイベントに行ってました。

上野寿湯で異常気象を感じる風呂に入りました。

整った後に二件飲みに行きましたが、その時に会った人とは何人かとはその後にも会う機会があって良い出会いだなと思いました。

 

 

②結婚式に行く機会が増えた

 

 

 

今年だけで4件行きました。

誘ってもらえる事は凄く嬉しいし光栄なんだけど、結構な出費ですよね。

ただ行ったら毎回感動しちゃうのが結婚式。

来年以降もちゃんと誘われたら行こうと思います。

 

f:id:musyamogu08:20181231211351j:image

 

二次会で当てたディズニーのペアチケットはまだ使ってません。

 

 

 

③久々に会った友達にアムウェイに誘われた

 

 

 

アムウェイに誘われました。

とにかくパーティが好きな連中でした。以上。

 

 

 

インフルエンサーのラジオに出た

 

 

 

 

なんか知らんけどはあちゅうさんのラジオに出ました。

とにかく楽しかったっていうのは覚えてます。

まだ多分聞けるのでどうしても暇でしょうがない人は聞いてみるといいと思います。

 

ちなみに僕ははあちゅうさんがサロンの宣伝ばっかりになったのでTwitterのフォローを外しました。

 

 

 

⑤よく行く店ができた

 

今年の6月ぐらいから新宿歌舞伎町のBARブタ箱の常連になりました。

 

いきなり普通に弄ってもらえるようになったり

 

友人を連れて行ったら友人の高校の同級生と再会したり

 

教科書では見る事ができないラリってる人を見る事ができたり

 

楽しいので頻繁に行ってますが、毎回毎回違う面白さがあるので楽しいです。

来年も通うのでよろしくお願いします!!!

 

あとは猥談バーにも頻繁に行くようになりました。

 

 

 

猥談をポップに楽しく話す場所で楽しいところです。

来年はもっとネタを仕込めるようにアクティブに過ごしたいっすね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ブログ的な振り返りはこんな感じです。

私事的な振り返りはどうだろ、何もないかもしれない。

まあでも仕事は忙しくなってきたり、髪がだいぶヤバくなってきたりしたけど、楽しい一年でした。

来年はもっと楽しくなるようにメリハリつけて生きていきたいっすね。

あとゴルフのスコア100切りしたい。

 

今年1年お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。

皆さんも良いお年をお迎えください。

 

では、また来年!!!

 

 

 

アウターを買ってご満悦なもぐおでした。