貫禄だけはベテラン社員の新人社会人の掃き溜め

遂に社会人になった25歳の現実逃避する場所

もう半年なんすね

やあ皆さん、お元気ですか?

なんて言ってもこのブログ読む人はもはや殆どいないでしょうね。

全然書いてないもん。

 

お久しぶりです。

もぐおです。

 

前回書いた時は夏真っ盛りでまだまだこれからだっていう時でしたよね。。。

日付はもう10月。

オリンピックで世界中が盛り上がった2016年も残りあと3カ月っすね。

 

ブログの書き方忘れてるっていう言い訳を更新する度に言ってる気がしますが、本当にブログってなに書けばいいんすか?

日記みたいにあったことをダラダラと書けばいいんですよね?

そうですよね?

 

と言っても僕的にはこのブログで書けることってあんまりなくてですね。

ネタ的な部分はほとんど下ネタ系に走ってしまうので。

そうだなぁ。。。

もう普通にどう過ごしているか書きますわ笑

 

 

タイトルにもう半年なんすねと書きましたが、10月1日時点で今の会社に入ってから半年経ったことになります。

あっという間だなとは思うんですけど、それよりもいろんなことがあり過ぎたなって思います。

 

入社して最初の2週間はグループ全体の合同研修やって、それが終わった後の2カ月半は東京で僕が入った商事部門をやってる会社の研修でした。

 

同期も僕入れて3人(内女子1人)で少ない上にめちゃくちゃいい人達なので結構楽しんでました。

会社にいる人達も社長や取締役クラスの偉い人達も僕ら新人に優しく接してくれてたので非常に過ごしやすかったです。

 

そんなこんなで過ごしていて7月から配属でたっぷりシゴかれるんだろうなぁって考えてた6月中旬の僕。

そしたら偉い人に

鈴鹿の工場で半年勉強してきてね☆」

って言われて体内の脂汗が解き放たれました。

 

まあ驚きますよね。

同期の女の子曰く、もぐお君は受け入れてる表情してたよって言われたんでホッとしましたけど(顔に出やすい性格なんで)

 

そっからバタバタして引っ越しの準備したりなんなりで好きな映画も遊び(意味深)にもいけずにハゲるスピードに拍車がかかった気がします。

 

それが3カ月前っすね。

懐かしいなぁ(遠い目)

 

そっからはクソ暑い工場の現場で製品の検査ばかりやってお盆に実家帰ってはまた現場の研修やって。。。

そんで2カ月の現場研修が終わり、今は品質管理の研修やってます、はい。

 

まあ仕事に関しては勉強出来る幸せを感じてますね。

この勉強出来る幸せを感じるってことばがめちゃくちゃ社畜感満載で、会社に洗脳されてる感ありまくりですけど割と本心です。

 

まあ良くしてもらってるし工場の人からはこのまま工場の中で仕事やればいいのにとか褒めてもらえるんですけどそれでも不満はあります。

 

一緒にきてる同期君のことなんすけどね。

 

同期君僕よりも遥かに真面目なんですよ。

見た目も営業やる上で必要な気遣いも備わってるからかなりスペック高いですよね。

 

でも彼は工場全体の雰囲気を感じてコミニュケーションとってない気がしてならないのですよ。

 

相槌とかハキハキしてていいですし、ニコニコしてるのもいいんですけど、3カ月経つのに工場きた時の変わらないのってやばいっすよね?

 

工場の人達がフレンドリーに接してくれるんだからそのまま委ねて自分もそうすりゃいいのにって思います。

明らかに気を使いすぎててもぐおさんも疲れてくるわ。

 

多分営業する上ではああやって接した方がいいし、気が使える方が接待とか得意になると思うんですけど深く踏み込めないと思うんですよね。

なんだろうなぁ。

気遣いが上手なのはいいけどやり過ぎるのってどうなんだろ。

僕が先輩になったら「こいつ建前の塊だな」と思って距離感を他の人よりも話しちゃいそうですわ笑

 

これでも完全に批判してるわけじゃなくて、僕にない物を持ってるので、むしろ見習いたいって思うんですよ。

だからこの研修中に盗める物は盗みたいっすね〜。

 

こんなこと書いてるけど工場来てからはわけわからない話とかしてると普通に眠くなってミニヘドバンしてるんで僕は意識低い系クソ新人ですけどこんな考え方です、はい。

 

利用するものは利用していくスタイルで勉強して営業として配属されたいっすね。

 

 

大体書くことに迷ったら真面目なお話して逃げていくのがもぐおのブログスタイルです。

 

なんか調子いいからまた後で書こうかな。

 

 

それでは今回はこの辺で、また次回ノシ

 

 

 

 

 

そろそろ東京に帰りてえなって思ってるもぐおでしたー。