読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貫禄だけはベテラン社員の新人社会人の掃き溜め

遂に社会人になった25歳の現実逃避する場所

女の子とお喋りしたかった。後悔はしていない。

春になったと思ったらいきなり冬の寒さになるツンデレな気候に悩まされているみなさん、こんにちは。

ブログ書き始めようとしたら眠くなる現象に名前を付けたいもぐおです。

昨日大学に荷物取りに行く用事があって久々に長い時間電車乗ったんですよ。
そしたら暇つぶしとしてブログの更新が最適なのでアプリ開いて書き始めるじゃないですか。

するといつの間にか寝落ちして書く意欲が失せちゃうんですよ。
大人しく読書するかスマホゲームやってるかにした方がいいんですかね。
読書は非常にインテリジェンスなんですけどこれもまた眠くなりますよね。

結局パズドラのランク上げおじさんになってしまうのだよ…。
気持ち悪い廃人だなぁ。


今日もなかなか眠いんですけどまだ眠気に勝ってるので書き進めますわ。


久々にね面白いことねーかなーと思ったら面白いお誘いがあったんですよ。


「もぐお、相席酒場行こうぜ!」









f:id:musyamogu08:20160325172100j:plain





これでブログのネタ出来るじゃんwwww
やったぜ。



っていう気持ちで先に飯食ってちょっとだけカラオケ行ってそこから初めての場所に行ったのであった…。









今回はちゃんと続きも書くぞ。



入ったらまずお店のシステムを説明されました。
30分1500円で飲み放題、時間が伸びたら自動延長で更に1500円プラスされていくシステムです。
なかなかお金かかるなと思いますけどこのテイストのお店は女性にお金がかからないんですよ。
そりゃ男性が多めに払わないと採算取れませんよね。

なので相席酒場に行く時は、腹をくくりましょう


そしてシステムを説明された後は女性が既に座っている席に案内されます。
そこで初対面で相席のスタートです。

女の子の店みたいにパネルで選んだりチェンジ出来ないのでお店の女の子と遊びたかったら夜のネオンを歩いてお店を探しましょう。


なんか説明ばっかりになってますので率直な感想をいいましょう。


めちゃくちゃ楽しかったです。



なんでこんなに楽しめたかと言うとそりゃまあ女の子2人がいい子で尚且美人だったってところです。

ちゃんと話してくれるし飲み物もセルフサービスなのでわざわざ取りに行ってくれるし気が回る人達でおじさん2人は感心しました。(先輩はイケメンで筋肉質でよく話せるスーパーマンです)


当初30分で帰って、違うバーで飲む予定が90分も飲んでしまいそこそこ酔っ払いましたとさ。


向こうも僕らより若い20歳の2人組だったけど楽しんでたっぽいので良かったのではないでしょうか。
言い方悪いかもしれないけど間違いなく当たりくじ引きました。
逆に次相席酒場行くのが怖いです。
俺の中で敷居は下がってるけど求めるもののハードルは上がってしまったのだ…。


あとですね、一つ言えるのは出会い目的でガツガツ行くよりは普通に楽しく飲んで連絡先交換せずに楽しく帰えるスタンスの方が楽しめると思います。
一期一会感が楽しめる人は相席酒場行くことをオススメしますよ。

そして人見知りしないで話せる人をパートナーにしていきましょう。
安心して飲める人を選ばないといろいろと大変だぞ、多分。


まあ僕なりにレポートを書きました。

結果的にネタにするつもりで相席酒場に行ったら普通に楽しんでしまい、ネタにならなかったというお話です。


みなさんも行ってみたいところにどんどん行ってみるのもいいかもしれないですね。


では今回はこの辺でノシ
また次回







コスパが非常によくておしゃれなバーにの方が可愛い子がいなくて余計に相席酒場で会った2人が恋しくなったもぐおと先輩でしたー。