貫禄だけはベテラン社員の新人社会人の掃き溜め

遂に社会人になった25歳の現実逃避する場所

トランプよりもUNOが好き

 

 

 

アメリカ人が何をするにも大統領に縛られて大変だなと思ったもぐおです。

 

あまり政治の事を多く語ることは出来ませんが、アカデミー賞でもあの男の名前が出てくるのがなぁって思いますよ。

 

確か外国映画賞にノミネートされた映画の監督は受賞をボイコットしたんでしたっけ?

中途半端な知識なので濁してこのまま調べずに書きますけど1人の男が世界を引っ掻き回してることは事実ですね。

 

まあ僕は1人のネカマに引っ掻き回されましたけどね。

 

 

やっぱりこの内容はダメだった気がします。

 

コメント来なかったしはてブをつけて頂いたことによって無言の圧力を感じました。

炎上商法を叩いておいて自らの体験を話す炎上商法もどきのようなことしてるやん的なね。

 

まあこれは商法でもなんでもなくありのままの自分の話をしてlet it goしてた訳ですけどね。

 

 

昔を振り返らず今を生きろ

そういうことなんでしょうね〜

 

なんかもっと気をひくようなレポート記事とか書いてみたい気がします。

その為には無駄金使わず自分にも1ミリでも得するようなことしたいっすね。

 

 

じゃあ今回はこの辺で

また次回

 

 

デュエルスタンバイ!!

 

 

「お前ついにあのことを書くのか?」

「ああ、悪いか?」

「いや、お前あの時恐ろしい思いしたというのにぶり返すことになったらどうするんだよ!!」

「その時はその時さ…。でも自分の中に秘めておいても何も始まらないだろ?心のモヤモヤを晴らすためにはここに記さないといけないんだ…!」

 

 

(お前ただブログのネタがなくて書こうとしてるだけだろ、なんでこいつはかっこつけてやがるんだ)

 

 

もう1人の僕との会話はここまでにしておきましょう。

 

というわけでみなさんこんばんは。

無駄に身体を動かしてきたもぐおです。

 

暇な時にはやはり動くことが一番ですよ、ええ。

簡単に買い物を済ませた後にバッティングセンターに行って汗を流す。

なかなかいい休日じゃないか!ハハハ

 

 

 

 

 

 

 

1人で過ごしていることには変わらないんですけどね。

 

 

あーあ、空から売り出し中のグラビアアイドル降って来ねえかな。

俺がプロデュース(意味深)してあげるのに。

 

 

 

 

何を言ってるんだこいつって思われるような願望を書いたところで、今回は少し昔話をしようかと思います。

題して

 

 

 

 

インターネットの恐怖?!〜もぐおとネカマ、時々2ch

 

 

 

タイトルから予想できるかもしれないですね。

僕は昔インターネットの恐怖を身を持って体験したことがあります。

これを書いてまた飛び火食らうことあるのかな、知らないけど。

 

とは言うものも、なんでそうなったのか。

簡単に言うと僕自身が炎上したことがあるんです。

別におでんをツンツンしたり、コンビニの冷蔵庫に入ったりするような所謂バカッター的なことをした訳ではありません。

恐怖その1として言えることはとばっちりでも自分が炎上することがあるということでしょうね。

 

あまり詳しく時系列を追って書けないのが心苦しいのですが、簡単に説明しますと

僕はとある人とツイッターで仲良くしておりまして、よくツイッターで共通の趣味(野球)で会話してたんです。

 

まあそういう普通の話題を話すだけでは問題ないのですが、その人は割と過激な炎上商法をやる人でその度自分が運営してるアフィリエイトサイトのアクセスを伸ばす強者だったんです。

また、その人もブログをやっていてブログ自体もあまりにも変わったことを書いており、度々炎上していました。

 

今思うとこんな奴と仲良くしてたもぐおも中々イかれてたのではないかと思っています。

 

そこで炎上商法をよくやるその人と仲良くしており、尚且つ擁護するような発言をしたとして祭り上げられたのです。

別に擁護してないと思うんですけど、あれマジでなんだったんだろう。

 

大学野球部のホームページにあるもぐおの写真が出回りフリー素材になったり、ブログにつまらねえだとかいろいろコメント欄に書き込まれて結構凹んだり、各方面の友人から割とマジで心配されてラインが誕生日の時より飛んできたりなど…。

散々な目に遭いました。

でも一番笑ったのは2chアスキーアートが作られてたことですかね。

フリー素材で済まずにアスキーアートまで作られるなんて逆に光栄なのではという錯覚までしてしまいました。

不名誉に決まってるだろハゲ。

 

 

 

まあ特定できる材料を用意してたのがいけなかったのですが、時間と共に風化していきました。

 

そこでその人は女性だったんですけど、2chの特定班が必死に動いた結果、こいつ男なんじゃないか?という話題が浮上しました。

 

すると、なんということでしょう。

そいつはツイッターのアカウントを消したのだ。

 

 

そう、ネカマだったのだ。

 

 

今までは炎上されてもアカウントを消す事はなかったのにネカマ疑惑が出た途端姿を消したのだ。

 

このままではネカマと分からずに恋をしていた無様な男のレッテルが付いてしまうと思ったらマジでそうなったのだ。

 

 

 

という感じのことがあったのです。

 

 

他に聞きたい事あれば僕のツイッターのアカウントまでお問い合わせ下さいって言いたいところなんですけど、特に詳しく話せる事ない気がする。

 

まあでも適当に調べればいろいろ出てくるとは思います。。。

なんせインターネットという名の海原は現実よりも広いですから。

 

 

 

 

他にも修羅場エピソードが欲しい気がしてきた。

そしたら仮に人気ブロガーになってからの書籍化ネタができるのに…!

ありえない話ですけど。

 

 

では今回はこの辺で

質問等はコメント欄で募集してるぞい。

 

 

 

やっベーぞ

 

ブログのこと忘れてたわけではないけど最近書いてませんでしたね。

 

こんばんは、もぐおです。

 

 

昨日友人と二人でカラオケに行ったのですが、僕たちが一生懸命歌ってた中ドアの方をふと振り返ったんですよ。

 

そうしたら何やら扉の前にカップルがいるではないか、お前らの席はねえから。

そんなことを思っていた次の瞬間、奴らは僕らがクソカップルのことを見ていることを確認してキスをし始めたのである。

 

あれは確実に下の方も入ってたな(確信)

 

 

これが書きたかっただけなのである。

今夜は遅いしまた書きます。

たまには原稿用紙一枚に満たないボリュームでもいいでしょう。

 

次回、もぐおが体験した修羅場とは??

そしてその時起こした行動とは??

 

乞うご期待!!

 

 

 

 

 

某バラエティ番組みてえだな。

 

 

あの話についての続報というか続きというか

 

 

思い立ったらブログを書こう

 

 

 

どうもこんばんは、もぐおです。

連投です、高校球児並みのスタミナかよ。

 

 

そういえば街コンであった女性とえっちらほっちらした友人から話を聞けたことを思い出した。

酒飲んでた時に聞いたのでうろ覚えで書こうかと思いまする。

 

 

といっても詳しくは書けないですけどね、皆さんが期待している性描写はカットせざる得ないですから。

友達の営みを詳しく聞いても仕方ないじゃないですか。

ただ床上手だったとはイってたようなイってなかったような。。。

 

 

そう、特に書きたかったのはその日かけたお金のことなんです。

 

 

 

まず街コンに参加する為に6500円参加費を払います。

次に意気投合した女の子と二件目に行く時、その時の飲み代で5000円から7000円かかります。

最後にカラオケでオールしてればそこまでお金かからなかったと思いますが、そいつはネオンがきらびやかな夜城に行ったのでまた更に6000円から8000円かかります。

 

つまり女性とえっちらほっちら、うんとこどっこいしょする為におよそ一晩で20000円かかっている訳ですよ。

 

 

あれ?これって風(ピーーーーー自主規制

 

 

という訳なんですよ。

 

まあ自分で段階を踏んで男としてはゴールのような場所までたどり着く楽しさとスリルも楽しんでいるのであれば、お金など関係ないでしょう。

でも自らのコミュ力だけでたどり着けない人は一晩で20000円かけないと無理ということですね。

 

ちなみにその友人はナンパでゴールイン(意味深)できるみたいなので、街コンは必要ないですね。

てかそもそも彼女いるんだから早く彼女とゴールインして正当な理由で子作りしろよって話ですよ(真顔)

 

そして僕はこの20000円という金額には違う友人からも聞き覚えがあるのです。

 

そう、マッチングサイトの課金額なのです。

 

僕の高校の友人でマッチングサイトから女の子探して彼女作った人がいるんですよ。

しかも結構な弄られ方してて笑わせてもらっているんです。

 

そいつは確か某有名マッチングサイトで20000円使ったら今の彼女と会えたと行ってます。

 

個人的な見解ですが、こっちの方がお得じゃね?!

 

そう思ったもぐお、時代は街コンのようだがマッチングサイトなのではないか。

そう思ってしまったのだ。

すぐさまApp Storeにイって…じゃなくて行って探し始めました。

登録はしてないけど。

 

さすがに先走ってはダメですものね。

先走るとかはあの時だけでいいんですよ。

 

 

 

という友人から聞いた話と僕の考えやら下ネタを書き散らしました。

いくらとカニとサーモンがバランス良く乗っているちらし寿司の如く書けたのではないか、勝手に自画自賛しているのである。

 

こうやって自分で慰めるような自己満ブログじゃいけない…!そう思ってもやめられない…。

僕はブログ依存症なのだろうか。

 

今度心療内科行こうかと思います。

 

 

 

 

 

なんて冗談はいいや、気分で連投しました。

懲りずにまた次回読んでくれたら嬉しいっすね。

 

 

 

真面目な文章書いた後にクソみたいな文章書くの気持ちいいよね。

もぐおでしたー。

 

 

 

日曜日に飲みに行くことも大事だと思うよ

 

 

 

みなさんこんばんは。

最近週に2日ある休日をフル活用出来なくなってきているもぐおです。

 

どうしてもどちらかの日は昼寝してたらいつの間に夕方だったってことが多くて老けてるのが見た目だけではなくなってきた気がします。

 

なのでちゃんと休日は休まなきゃなって思うようになった次第であります。

 

しかし、今日は日曜日の夜に地元ではなく電車に乗って飲みに行くっていうことをしています。

真面目で模範的な社会人の方々なら日曜日に飲みに行くなんて月曜を捨ててるのではないか、などと言う方もいるでしょう。

でも今日はどうしても"行かなくてはならない"飲み会だったのだ。

 

6年ぶりに会う友人と合った予定がたまたま日曜日だったというだけなんです。

皆さんでも迷わずセッティングするでしょ?

 

まあともかく6年ぶりとなると、僕のことをマジで昔から知ってる人だったらお分かりでしょう。

あの人間社会の中に揉まれているようで、疎外感を感じていた浪人時代の友人なのです。

そりゃまあ会ったら毎日話すってほどの仲ではなかったけれども、実際受験をする時期になるとメールして励ましあってた戦友でした。

 

意外と大学生活を普通に楽しんで過ごすと浪人時代のことって忘れがちなんですけど、今日は懐かしくなって思い出しましたね。

こうやってアラサーになってもお酒飲める友達できるんだし、悪くなかったなぁって思いました。

 

このブログを読んでて皆さん今の現状に悩んだり抜け出したいとか思ってる人ってほとんどいない気がするんですけど、人生嫌な時期があってもそれが懐かしいなと思うこともあれば、辛かった時期に出会った友達って今会うと面白いんだなって思うことがあります。

 

だからなんでも経験だと思って生きてるとこの先死ぬなら楽しく死にたいって思えるようになるでしょうね。

(これ今日飲んだ友達が言ってた。楽しく死にたいって)

 

 

今日もぐお君は人生楽しそうだねって言われたんで割と全うしてるんでしょうね、まだ死にたくないけど

 

これからも出会った人を大切にして生きようかと思っておりまする。

 

 

 

 

あとは彼女できるだけだな

 

 

 

 

ちょっと本音というか願望が現れましたが、今日はこの辺で。

また次回。

 

 

 

 

最近友人に「お前年齢の割に修羅場経験しすぎてるから自伝書くといいよwwwwww」って言われたもぐおでした。

 

なんか今日のブログ後書きで使えそうだな。。。

書籍化狙うか(無謀)

 

 

しこたま飲んだ

 

 

華金が終わろうとしている中書き始める俺。

 

 

こんばんは。

もぐおです。

 

今日は会社の優しい大先輩3人と飲んできたのでしこたま飲んでるはずなのに、まだ正気を保つことが出来ています。

 

酔っ払ってる時のグリーンダカラってめちゃくちゃ身体に吸収されてる感があって美味しいですよね。

 

 

なんでしょうね。

僕は人にダメだと指摘されると割とすぐに吸収して改善できる強みがあるそうです。

 

1ヶ月働いてそう思ったんだってさー

 

まあそれだけの分指摘されてるんだけどね〜

 

 

 

まあ今日思ったのはこれからの一年が勝負なんだなって思いましたよ。

いろいろ覚えてそれを実践、応用してくのって難しいだろうけどそれ出来たらどんな会社でもやっていけそうじゃね?って思うことにしました。

 

 

とりあえずしこたま飲んだから早く家に帰りたいっていうだけでブログ書きました。

 

皆さんも素直な気持ちで人の意見に耳を傾けるといいこと増えるかもしれないですよ!

 

 

 

では、また次回。

 

 

運営が用意してくれてるお題に頼らない系男子

 

 

 

おはこんばちはー

 

もぐおです。

 

 

いつも書き始めた時間に合わせた挨拶してるけどユーチューバーみたいにどの時間にも対応できる挨拶やってもいいんじゃないかな。

 

 

スベってる感覚しかないから二度とやらね

 

 

 

特に書くことないんだけど書き始めてしまった。

最近は平日でも早く帰れることが多い今の状況を噛み締めながら生きています。

なんだろうね、仕事での定時って意味あんのかな。

最近は在宅ワーク推奨してる会社が出てきたし、今後そういう会社も増えそうだよね。

僕の会社もそうならないかなぁ。

 

 

仕事関連ではあるが少し話を変えると、僕が通ってた大学の学長が言ってた話を思い出した。

何十年かしたら今の時代にはない職業がわんさか生まれるという話をしてましたね。

 

あまり想像つかないんだけど、昨日のワイドナショー見ててそれを感じた気がする。

 

アマゾンがレジがないスーパーを開発しているって聞いてね、ショップにレジが無くなったらレジ打ちの人の仕事がごっそり奪われるってことですものね。

 

やはり人間って便利なものには手が伸びるっていうより、コストがかからないものに手が伸びがちですよね。

製造業なんて特にそうだけどさ。

なんかこうも人間がやらなくてもいい作業が増えるとマジでターミネーターの世界みたいに人工知能が自我を持って人間を抹殺するんじゃないかって思うよね。

 

 

 

 

 

 

…ハッ!

 

なんだこれは夢か。

 

どうしちまったんだ、なんでこんなに真面目な内容のブログが更新されている…!

おいおいまさか俺の持病である夢遊病が再発しちまったか?!

 

仕方ない、このブログはボツにしてゴーストライターを雇おう…。

 

 

 

暇人の戯言でした。チャンチャン。

 

 

 

この冬の時期は特に趣味がなくて仕方なくブログ書いてるもぐおでした。

最近見てくれる人増えたからエクスタシー感じてる。

露出狂の素質が根底にあったのかな。